お金を借りる 安心

お金を借りる 安心

お金を借りる 安心

今すぐお金が必要・・・

 

親や子ども、親戚、友人などを頼りに出来れば、一番良いのですが、お金の相談は、実は一番しにくい相談で、「身内や親しい方だからこそ迷惑をかけてはいけない・・・」と思うものですよね?

 

 

そんな時に、担保も保証人も不要(無担保、無保証)で、最短即日でお金を安心して借りられるシステムの一つに消費者金融をはじめとするキャッシングやカードローンのサービスがあります。

 

一方、消費者金融と一言で言っても、大企業や中小企業を合わせると、数多くの会社が存在しますので、どこで借入するか??は迷ってしまうところもありますので、ここでは最短即日の融資を安心して借入できる消費者金融を厳選してランキングにしていますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

 

 

安心してお金が借りられるキャッシング会社のランキング

 

アコムの特徴

【同日(当日)融資条件】
・WEBの場合→契約をネット上で完了が必要。また、「振込キャッシング」のお申し込みが必要。
(14:00以降、土・日・祝日の申し込みには翌営業日の振り込み)
・店頭窓口 平日9:30〜18:00(土日祝休業) 
・むじんくん 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く)

【仮審査システム】
3秒診断があります。(生年月日、性別・独身既婚、他社のお借入状況の3項目を入力)

【契約条件】
限度額 800万円の範囲内
利率 3.0%〜18.00%

【アコムのオススメポイント】
三菱UFJフィナンシャルグループの1つ、プロミス同様、歴史の長い会社。
アコムマスターカード(マスターカードのクレジット機能付き)は、他社にはないサービス。

即日対応
入力時間 35項目 入力時間10分程度
評価 評価5
アコムの総評

クレジットカードと一緒に持ちたい方はACマスターカードがオススメです。

プロミスの特徴

【同日(当日)融資条件】
・WEBの場合→平日14時までに契約内容確認を完了する事。
・店頭 自動契約機の場合→営業時間内までに完了する事。
 
【仮審査システム】
お借入れ診断があり(生年月日、年収、現在のお借入金額の3項目を入力。)

【契約条件】
限度額 500万円の範囲内
利率 4.5%〜17.8%

【プロミスのおすすめポイント】
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社、歴史も長く信用度が高い。
30日無利息サービスが利用できます。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

即日対応
入力時間 28項目、入力時間10分程度
評価 評価4
プロミスの総評

業界内でも実質年率が低い事で有名、新規契約者には30日無利息サービスが適用となりますので、利息負担軽減したい方にオススメです。 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

モビットの特徴

【同日(当日)融資条件】
・インターネットの場合 →振込キャッシング手続き完了後、3分以内に完了。 
(手続きは、平日9:00〜14:50までに完了の場合のみ、当日振込可。)
(審査結果により不可の場合有り。)
・ローン契約機の場合→9時〜21時
 
【仮審査システム】
なし
【契約条件】
限度額 800万円の範囲内
利率 3.0%〜18.0%

【モビットのオススメポイント】
10秒簡易審査が可能な「カード申込み」やWEBで手続きが完結する「PC・スマートフォンからWEB完結」は他社にはないサービスとして人気が高いです。 

<注釈>
※モビットローン申込機なら即日でカード発行となります。

即日対応
入力時間 カード申込18項目 申込20項目 入力時間5分程度
評価 評価3
モビットの総評

誰とも会わず、電話も郵送も不要なPC・スマートフォンからWEB完結申込みを利用して、プライバシーを守りたい方向けです。

より安心してお金を借りるための3つのポイント

当サイトでは、安心してお金を借りることが出来るキャッシングやカードローンを扱っている会社を随時更新していく予定ですが、ここでは安心した業者を選定し、キャッシングやカードローンの利用で失敗しないために、知っておいてほしい3つのポイントを紹介したいと思います。

 

 

貸金業者の登録情報は、必ずチェックするように心がけましょう。

貸金業者とは、キャッシングやカードローンのサービスを販売する業者全体の事を言いますが、貸金業者となるためには、国または都道府県で登録した上で、営業許可が降りるようになっています。

 

以前までは、許可制で営業が出来たのですが、度重なる法改正の中で、現在では登録制となっていて、複数の都道府県で営業所を構える場合には国(財務局)へ届け出を、1つの都道府県で営業所を構える場合には都道府県の知事へ届け出の申請をする事になっています。

 

 

そして、登録を許可された貸金業者は、各登録を証明する「登録番号」が付けられる事となり、3年に1度は登録の切れる2ヶ月前に更新手続きを行う事となっています。

 

【参考】 貸金業者として登録された場合の登録番号例

 

関東財務局(数字)第○○○○○号
関東財務局 2都道府県での営業所があるので、財務局への届け
カッコ内の数字が更新回数 3年に1度という事で営業実績は33年以上という事になります。
第○○○○○号が、登録番号にあたります。

 

ちなみに、貸金業者として登録を受けなければならない業者は、

  • 消費者金融業者
  • 金銭貸借の媒介を業として行う者
  • 手形割引業者
  • 事業者金融業者(不動産担保金融業者等)
  • 貸付けを行う質屋(質屋営業を除く)
  • 貸付けを行うカード会社
  • 貸付けを行う信販会社
  • 貸付けを行うリース会社
  • 貸付けを行う百貨店、スーパー等

となっていますので、これらの事業に関わる業者にお金を借りる場合には、登録番号があるかどうか、更新が出来ているかどうかは、最低でも確認したほうが、より安心して利用ができるかと思います。

 

 

 

少しでも利息の負担を軽減!今の時代は無利息サービスは必須です。

次に、キャッシングやカードローンを利用するのに不安な一つとして、「利息が高いのでは無いか??」という不安です。

 

利息は、

 

元金×実質年率÷365日(×利用日数)

 

こちらで、1日あたりもしくは利用日数分の利息計算が出来るのですが、

 

 

  1. 元金が低ければ低いほど、利息は負担が少ない。
  2. 実質年率が低ければ低いほど、利息は負担が少ない。
  3. 利用日数が短ければ短いほど、利息は負担が少ない。

 

という事になりますので、契約条件がより良いところを選んだり、少しでも利用日数を短くしたり、利用する金額も必要最小限にしたりする事で、負担を抑えるように出来ます。

 

 

よって、利息負担が心配・・・

 

という方ほど、しっかりと上記のポイントを抑えたり、最初の30日間だけでも(レイクの場合は180日可能なケースもあり)利息負担ゼロにしたいものだと言えるのでは無いでしょうか。

 

 

 

契約条件をしっかり確認、特に返済期日は給料日後に設定しよう。

3つ目のポイントですが、契約条件の中でも、返済期日は毎月の事で、返済期日を遅れてしまうと、消費者金融から督促(取り立て)の連絡が来たりする事もありますので、要注意です。

 

また、給料日が来るまで返済が出来ない・・・

 

という事にならないように、返済期日は給料日の後に設定し、返済日が来ても負担が少ない時にしておくのが無難だと言えます。

 

 

さらに、給料日のすぐ後に設定すると、余裕もなかったり、うっかり忘れてしまうという事もありますので、若干余裕を見て設定しておく方が良いかと思いますので、そのあたりもしっかりと借入先となる業者さんと、お金を借りる前に相談して決めていくようにしましょう。

 

 

上記3つのポイントを抑え、より安心して利用が出来る金融業者とお付き合いが出来るように、当サイトでも情報発信出来ればと思いますので、参考にいただければ幸いです。

 

 

即日融資ができる借入先はどこ??

 

→ 続きはキャッシング即日で解説しています。